過払い金請求体験談 デメリット

過払い金請求とは、過去に自分がキャッシングやカードローンなど、借金をしてしまった経験があるという方で、利息を多く支払い続けていたという方向けに、借り入れをしていた金融会社に過払い金請求をすることができるというのです。実際に弁護士や司法書士を通して、過払い金を返還しているという方も少なくはなく、ないものと思っていたお金を取り戻すことがでいるというのは大きな喜びを感じることができるでしょう。そんな過払い金請求を実際に行った方の中には、デメリットを感じているという方もいるようです。過払い金請求には、なんと時効があるのです。最後に取引を日から、10年が経過してしまうと、過払い金請求の時効が成立してしまうのです。そのため、この期限はとても重要となりますよね。10年が過ぎてしまってから過払い金請求があったことに気づいてしまうと、取り戻せるはずのお金も取り戻せなくなってしまいますので、ショックも大きなものとなるでしょう。10年未満の方でしたら、弁護士や司法書士に相談をすることができると安心ですし、自分のお金を取り戻すことができるという喜びも感じることができるのでうれしいですよね。専門の知識が豊富な弁護士や司法書士の方なので、安心して依頼ができるのです。